Internet of Things
モノとネットワークを結ぶIoTサービス

業務効率化や生産性の向上、資産の最適化などの推進に、IoTは期待される分野の一つです。たとえば製造業においては、
生産設備をネットワークでつなぎ、効率的な稼働状態を実現するスマートファクトリーも、IoTの技術が欠かせません。
ベイキューブシーでは、モノとネットワークが結ばれるIoTを活用し、さまざまな業界のお客様の設備保全や
資産管理につながる最適なシステムをご提案します。

ベイキューブシー モノとネットワークを結ぶIoTサービスの特徴

  • クラウド遠隔監視カメラシステム

    物流倉庫や店舗、製造ラインにおける「防犯・防災対策」「不審者の立入りや盗難の監視」「倉庫内や商品、設備の監視」「作業員や作業状況、安全の確認」「内引き対策」「製造ラインにおけるフードディフェンス」「個人情報取扱い現場における情報漏洩対策」など、セキュリティに関する様々な取組みを遠隔監視システムによって可能にします。

  • 一発検索システム

    クレーム対策やお問合せ対応時間の削減が求められる通販・物流企業向けに、クラウド上に保存された作業映像(動画)から、確認したい場面をいつでもどこからでも一発検索することができるシステムをご提案します。
    クレームやお問合せにスピーディーな対応が可能となると同時に、作業動画がエビデンスとなることで正確な対応ができるようになり、サービスレベルの向上や再配達コストの抑制を実現します。

  • 人数カウントシステム

    天井に設置するタイプのカメラで通行人の数を真上から計測し、リアルタイムで表示することが可能です。マーケティングやキャンペーンにおける効果測定など、様々な分析に必要なデータを簡単に収集することができます。

  • クラウド型顔認証入退室管理システム

    顔データをあらかじめクラウド上のマスタに一元管理しておき、拠点ごとに許可されたユーザを認証した場合にドアロックを解除します。認証の履歴もクラウド上に保存することができます。そのため、離れた拠点の顔認証ドアロック解除や、入室履歴の確認が可能です。業界最高ランクの精度を誇る弊社の顔認証システムは、単独の利用はもちろん、ICカード認証等と併用する事により堅牢なセキュリティとすることも可能です。

  • 車番認証システム

    車両を撮影し、車両ナンバープレートを検出した上で文字や数字を認識して読み取り、データ化を行います。データ化した車両ナンバーの情報は、広い分野で活用できます。認識精度は業界最高クラスの95%以上。修正の手間はほとんど発生しません。また、斜めからの撮影にも強く、動く被写体である自動車のナンバープレートを撮影するのに適しています。

モノとネットワークを結ぶIoTサービスについて

  • カメラソリューション

    監視カメラの映像を、パソコンやスマートフォンからいつでもチェックできるクラウドカメラサービスです。撮影された映像の録画はもちろん、画像検索や顔認証、車番認証、画像解析などAIを用いた付加サービスや、他システムとの連携も可能です。外部のネットワークからは直接アクセスできないため、セキュリティ面でも安心な防犯・監視ソリューションをご提供します。

  • IoTアセットマネージメント

    資産・保管用備品の紛失・滞留の防止、輸送中の商品状況をモニタリングするシステムです。IoT端末を取り付けて位置情報を管理し、紛失と滞留をシステムが自動で発見してお知らせ致します。
    資産の可視化、紛失と滞留の対策を行う事によって最終的にコスト削減や運用効率の向上も期待できます。

  • データロガー

    温度や湿度など、輸送中の商品の環境情報をセンサーで自動計測し記録するシステムです。医薬品、生鮮食品、精密機器、高額商品等の温度管理や輸送管理に最適で、輸送品質の証明や瑕疵発生時における責任の所在を明確化できます。データ収集はスマートフォンやハンディ端末で簡単に行えます。