QlikViewは、情報システムを活用して、企業情報を管理している全ての業種、業界で活用することができます。その利用範囲は多岐に渡ります。

購買分析- 売れ筋・死に筋分析、バスケット分析

販売分析- 売上・利益の予実管理

顧客分析- 顧客特性と購買頻度・品目の傾向分析

経営分析- 経営KPIのダッシュボード

原価分析- 原価管理、コストシミュレーション

マーケティング分析- キャンペーン・セールの分析

不良分析- 製造工程の不良傾向分析

ソーシャルネットワーク分析- ブランディング

在庫分析- 在庫分析、適性在庫シミュレーション

企業分析- 財務の比較分析

商品の販売データや顧客の属性情報をインポートすることで様々な切り口で多くの分析を行うことができます。

購買分析イメージ

商品の販売データ顧客の属性情報

支店名顧客名
製品種別販売価格

小売業卸業仕入担当

販売情報を正確に把握することによって、より効率的な販売計画を作ることができます。 例えば、支店を1つ選択するとその支店に関連する顧客名だけが抽出され、その顧客に関連している製品種別や販売価格も同時に抽出することができるので、各支店の顧客属性からその顧客の好む製品種別や価格帯が明確になるため、商品仕入れに役立ちます。

日々の事業活動から発生する様々なデータを取り込み、経営状態を把握するために設定されたKPIをビジュアルにとらえ、さらに細部を分析することができます。

経営分析イメージ

売上データ経費データ会計データ

会計年度支店事業
部門勘定科目顧客仕入先

経営層管理者層

正確なデータを使ったKPIで企業の経営状況を把握し、より確実な意思決定をより素早く行うことができます。
KPIの一つ売上で見た場合、実績が計画値より下回った時点で、どの事業でどの製品で、どの地域で計画が達成できていないのか、を簡単なクリック操作で分析できるため、適切な対応策を速やかにとることができます。