代表取締役 水上 明美 MIZUKAMI AKEMI 略歴

昭和26年1月 千葉県いすみ市(旧夷隅郡大原町)下布施に生まれる
昭和44年3月 千葉県立長生高校卒業
昭和52年3月 早稲田大学理工学部機械工学科卒業
昭和52年4月 コンピュータサービス株式会社入社(現株式会社SCSK)
平成3年4月 CSK千葉システム株式会社設立
(株主(株)CSK、水上明美、(株)千葉銀行)代表取締役就任
平成14年4月 株式会社CSKよりMBOにて株式取得、
社名を株式会社ベイキューブシーに変更
主な公職 公益社団法人 千葉県情報サービス産業協会専務理事
千葉県経済同友会幹事兼企画委員会副委員長
千葉商工会議所情報委員会副委員長、自由業部会副部会長、常任委員

基本理念

サービス IS BEST

今、私たちは変わります。

人と企業と

ベイキューブシーは「人と企業と」をテーマに社会に貢献します。

すべてはお客様の為に、私達は何をすべきか考える会社に変えていきます。

トップダウンによる意思決定のみに頼るのではなく、常に現場からのニーズ、改善提案を積極的に取り入れ、現場主義に徹します。そして、お客様の個々の立場を尊重する事で、常に最善のアプローチを選択できる体制を組む事が、お客様の信頼を得る基本だと考えます。

私達はオープンな会社、スピードのある会社、イメージの良い会社に変えていきます。

私たちの財産は人です。その人材の為に会社の状況は常にオープンにし、会社の状況が、いつでも、誰でも、どこからでも把握できるようにします。また、即断即決で物事を決めていく会社にします。そして会社としてのマナー、法令遵守は当然経営の基本とします。

社会・地域に貢献できる会社に変えていきます。

自分達の会社だけが生き残ればよいのではなく、社会・地域に貢献できる会社であってこそ、本当に必要な会社だと認められるのです。その為には社会・地域と協業できる仕組みにしていきます。これからは協業の時代です。

私達は東京湾沿いを変えていきます。

東京湾沿い(BAY)にシリコンバレー(ベイ)のようなIT先端企業群を創り、そのリーダーとしてITの文化を創っていきます。そのための目標として「Community」・「Customer」・「Collaboration」の3つのCが3乗(CUBE)の相乗効果を発揮し、その企業文化に向かって進む会社を目指します。